株式会社 鈴鹿の特徴

建築業界の一人親方からスタートし、いまやグループ全体で社員200名!

当社の主力事業は電気工事業です。建設業界では元請であるゼネコンの下請けや孫請けという位置づけで、決して派手な存在ではありません。しかし、電気工事に関しては設計から施工から保安検査まで一気通貫で手掛け、当該基幹業務に関連する太陽光発電プロジェクトを切っ掛けに、不動産事業や土木工事業、アセットマネジメント、農業などの業種にも乗り出しています。
そんな当社の特徴の一つは、社員一人ひとりの価値観を最大限尊重し、文字通り「好きなように働ける」ということ。 銀行や人材会社など取引先に、経営の考え方や人事制度などについて説明すると、「本当にそんなことができるんですか?」とびっくりされます。

いま世の中では「働き方改革」「ダイバーシティ」「ワークライフバランス」といった言葉がよく聞かれ、大手から中小まで多くの企業がどう対応したらいいか四苦八苦しています。しかし、当社では20年も前からそれらのことを、誰に教えてもらったわけでもなく、自分たちで考え、工夫し、普通にやってきました。
世の中の常識にとらわれずにやっていたら、いつの間にか社会のほうが追いついてきた、というのが正直な感想です。周りから「非常識」と言われていたことが、実は時代を先取りする王道だったのです。

キャリアプランが違うことは当たり前!十人十色の「働き方」

仕事をバリバリこなして早く職長を目指したい方、いつかは独立起業を目指している方や、打ち込んでいる趣味などプライベートでの時間を大切にしたい方など、人の価値観は様々だということを20年の会社経営で実感しました。
昔のように仕事に対する考え方を一方的に押し付ける体制では、会社は成長しないと考えたのです。

  • 中小企業が生き残るには社員一人ひとりの個性やライフスタイル(価値観)を重視した経営が必要
  • 社員の力を生かすには個々の価値観を尊重するしかない
  • 一律のルールで働き方を縛るほうが不合理で非効率
  • 時間で働くか成果主義で働くか、社員が選ぶ
  • 週1日出勤でも正社員として働ける
  • 夕方6時出社で、4年制大学に通った社員
  • 20年前から残業は30分単位で支払う
  • 社長自ら労働組合を設立

個々が活躍できる「クラスター型組織」

Creating a New Organization

価値観型人事制度
(クラスター型組織)

価値観型人事制度を邁進していく上で、障壁となるのはピラミッド型の組織体制です。
そこで、組織構成員が1人あるいは少数のチームで自己完結的に仕事をしていくクラスター型の組織を構成し、情報は上から下という従来の流れから、必要に応じてコミュニケーションが自由に行われる体制にしました。

価値観型人事制度では、個人の仕事に対する価値観に合わせて組織を変化させ、状況に応じてパイプの太さ(情報量や仕事量)や距離(仕事頻度)を変化させて対応することができます。

また、しっかりと自由と責任のバランスが取れる人には、意思決定や権限を持つ社内カンパニー制を取り入れ、武道の「守・破・離」(しゅはり)でいうところの「離」とし、自分の流派を確立できる制度となっています。

会社理念

信頼され、必要とされる企業

従業員と共に成長し、従業員を大切にする企業になります。各自の仕事に対する価値観を尊重します。

従業員ヨシ!

お客様の信頼、必要度を高める努力を惜しみません。損得より信頼を優先した商いを常に継続します。

お客様ヨシ!

取引先とは、常に対等な立場と認識しています。業界のリーダー会社となり、業界の価値を高めます。

取引先ヨシ!

PAGE TOP ページトップ