事業内容

エコ・エネルギー事業

環境を守るため、未来を守るために。

地球温暖化防止のために、世界規模で二酸化炭素(CO2)の削減への取り組みが行われています。
国内でも2030年までに2013年度と比べ25%の削減を目標に掲げることを宣言しており、また限りのある化石燃料からの脱却ということで、資源が枯渇しない再生可能エネルギーへとシフトしてきています。

産業用太陽光発電

産業用太陽光発電

太陽光発電の中でも、広い土地に太陽光発電パネルを敷き詰め、その出力が1MW(1000kW)を超える大規模システムをメガソーラーと言います。
メガソーラーは用途地域の制約がない為、遊休地や休耕地を利用して建設することで、税制面のメリットや発電した電力の買取制度を受けられる等土地活用として人気があります。

地熱発電事業

地熱発電事業

日本が有する世界3位の地熱エネルギー。
このエネルギーの恩恵を受けた温泉が日本列島の北から南まで身近に存在しています。
地域の貴重な財産である温泉を変わらず利用しながら発電事業に活用いたします。

鈴鹿グループの総合力で、地域の皆さんの重要なエネルギー発掘を一緒に取り組みます。まずは小さな一歩・温泉発電から取り組んでいます。

再生エネルギー事業

再生エネルギー事業

『FITに頼らない本来の再生可能エネルギー事業』をキーワードに、バイオマスプラントを活用した再生可能エネルギー事業にチャレンジ!

PAGE TOP ページトップ
×