事業内容

土木・建設事業

開発設計

鈴鹿グループでは開発設計も内製化しており、測量、地質調査、環境調査、造成設計、外構設計、許認可業務等を
含めた一連の作業について企画提案ができ、不動産部門や土木部門と連携して、お客様のご要望にお応えします!

各種許認可申請

・開発許可申請
・宅地造成規制法
・林地開発許可申請
・砂防指定地内行為許可申請
・道路法・河川法等許認可 など

各種構造計算

・防災調整池設計
・軟弱地盤対策設計
・擁壁設計
・斜面安定設計
・車両軌跡、シュミレーション など

土木設計

太陽光開発や宅地開発を主に、河川・砂防・橋梁・面整備などの計画設計を行っています。

3DCAD

・3Dモデリング(Autocad Civil3D)
・3Dにより景観確認(InfraWorks)
・地形データの点群処理、勾配・傾斜解析
・3Dによる造成計画、土量求積
・3Dによる日陰シュミレーション

太陽光事業プロジェクトファイナンス

当社は2019年1月完工の『パワープラント松阪庄町』の出資者として約60億円の投資をしており、施工業者という立場だけでなくデベロッパーとしての立場にもなっております。
施工業者としての現場管理の目線も持ちつつ、出資者としての事業監理としての目線でも見る事が出来る為、品質と価格のバランスに合ったご提案が出来ます。
また、太陽光事業プロジェクトファイナンススキームにおいて、出資者の立場だけでなく、不動産権利者、EPC事業者、O&M事業者、アセットマネジメントと多岐に渡り自社グループにて携わることが出来る為、グループ間によるシナジー効果が期待出来ます。

太陽光プロジェクトファイナンスの実績

パワープラント松阪庄町
設備規模:12MW (太陽電池能力 15.5MW)
着工:2017年1月 運用開始:2019年1月

当社は2019年1月完工の特別高圧太陽光発電所「パワープラント松阪庄町」の出資者としての立場でもあり、この太陽光事業にかかる費用をプロジェクトファイナンスで実現した実績を有しております。

PAGE TOP ページトップ
×