ニュースリリース

パワープラント瀬戸太陽光発電所建設着工

2021-07-14 | グループ全体

パワープラント瀬戸太陽光発電所建設着工

この度、鈴鹿グループはJR東日本エネルギー開発株式会社と合同で、愛知県瀬戸市、岐阜県多治見にまたがるエリアにて発電規模28MWの太陽光発電所建設に着手し、プロジェクトファイナンスの手続きを完了いたしました。今後も保守・メンテナンス業務、並びに資産管理業務を通じ長期にわたり本発電所の運営に従事して参ります。

 

本事業は2023年の操業開始を目指しており、初年度には年間31,540MWhの発電量を見込んでおり、年間約1.4万トンのCO2排出削減効果を想定しております。鈴鹿グループは地域特性を生かした太陽光エネルギーの利活用を通じ、脱温暖化社会、循環型社会の実現に向けた取り組みを推進し、SDG’sにおける「目標7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに」などに貢献して参ります。


鈴鹿グループについて

弊社は1998年に鈴鹿市の電気工事会社として設立し、現在グループとして、電気設備工事業、機械設備工事業、開発設計、土木工事業、建設業並びに電気保安管理業、不動産事業、アセットマネジメント業、農業事業、人材派遣事業、自動制御盤製造業等を営んでいます。

2012年に再生エネルギー事業に参入し、太陽光発電所の工事を行う中、自社でも太陽光発電事業を手掛けています。

PAGE TOP ページトップ
×