企業情報

安全衛生基本方針

理念

株式会社鈴鹿は人間尊重を基本原則とし、«安全の確保»と«健康管理»の社会的責任を意識して、継続的な改善を図るように取り組みます。

方針

安全管理
法令・社内ルールの遵守と安全パトロールの強化により危険要因の排除を図ります。
労働災害を防止する責務を、経営トップ自ら率先垂範して意識します。
年間安全目標を作成することにより安全意識の向上を図り、労働災害の撲滅に努めます。
職場環境改善
衛生管理者・産業医による定期的巡視を行い、社員にとって働きやすい職場づくりを行っていきます。
過重労働にならない様に残業時間を管理把握し、負担が分散出来るよう作業調整をすると共にノー残業デーを設定し家族・友人と過ごす時間が取れる環境作りを行います。
分煙を推進し、受動喫煙被害を起こさない環境作りに取り組んでいきます。
健康管理
毎年の健康診断結果を産業医に報告し、産業医からの指導がある場合には必要な改善をします。
健康診断だけでなく、個人の健康状態を把握するよう意識し、適切な措置を講じます。
親睦会などのリクリエーションの支援を行い、職場以外での交流の機会を設けます。
メンタルヘルス管理
定期的に従業員に対してストレスチェックを行い、メンタルヘルス不調のリスクを軽減させる取り組みをします。
従業員が働きやすい職場環境を推進し、ストレスに関する健康影響リスクを低減することが、会社の発展と従業員の福利厚生に不可欠であると考えます。

品質方針

理念

株式会社鈴鹿は社会から求められる安全と品質の業界No.1を目指し、その両面の技術向上に取り組みます。

方針

品質向上
アフターフォローや新技術導入など、各自が創意工夫を重ねて付加価値を高めます。
作業手順書(マニュアル)により高水準の技術と知識を共有し、管理と検査を徹底して欠陥工事をゼロにします。
品質向上を図るため、資格取得支援に努めます。
品質管理
品質クレームは原因と対策を速やかにまとめ、類似クレーム防止対策を社内展開します。
各部門別に品質目標を立て、品質の向上を目指します。
品質管理の状況を継続的に改善し、品質を均一に保つことによりお客様に満足を与え社会貢献出来る様に努めます。

健康への取り組み

 
社員の健康課題の把握と必要な対策をするにあたって
1. ストレスチェックを実施します。
健康経営の実践に向けて
2. 適切な働き方の実現に向けた取り組みを行います。
社員の心と身体の健康づくりをするにあたって
3. 受動喫煙対策を行います。
4. 社員の感染症予防に向けた取り組みを行います。
5. 長時間労働者への対応に対する取り組みを行います。
PAGE TOP ページトップ